読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋活

渋幕中への合格を目指す早稲アカでの活動記録

まだYT⑥の結果はわからないが

突貫工事ですすめたYTテスト⑥の準備は、ママにゆだねてパパは朝早くから外出。ということでいつもと違うYTとなった。

息子の感想としては、

   「そんなに悪くない」

というものであった。親としても、課題の国語も点数にはわかるように表れていないものの日々の学習での答え合わせの結果などから何か変化し始めているような気がする。

もう少しはっきりわかるレベルにいけば自信につながるだろうにと思わずにはいられない。

ところで、組分けテスト①の結果がわかりまわりの塾生がかなり上下に動いたことがわかってきた。なんであの子がクラス落ちしたのだろうとか、またその逆も。

この混乱・混沌とした状況がまさに「5年生の壁」なのだろうか。

わが息子もクラス落ちこそしないがS3に1つ落とす結果だったが、逆にモチベーションを得ることができたことはプラスの収穫だ。でもあと1問できていたらS2、逆にいうとあと2問失っていたらS4かもしれない。わずかな間にいることも確かであり、逆に失意が芽生える結果となってもおかしくない。

上手に息子のモチベーションコントロールをすることが何よりも重要だな。

我が家はYTよりも組分け主義。YTの結果がよいのはうれしいが組分けで結果がでないと意味がない。午後にはYTの点数がわかるが、良くても悪くてもうまくそれをコントロールの1つとして活用するのが我が家流だ。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ