渋活

渋幕中への合格を目指す早稲アカでの活動記録

物語文の要約

毎週3つの要約作成をノルマ(息子だけの塾の宿題)を続けている。

今週は物語文。

慣れもあるのだろうけど苦戦している。

息子が、

 「昨日は1時間半もかかった」

と泣きが入り苦戦の様子がよくわかる。でもこの1時間半は要約作成に費やした時間だけではなく、ママが同じ4年生がつくった作文を引き合いに出しながら息子にレクチャーした時間も含まれていたようだ。

とはいえ、国語力の非力さは課題だ。

物語の場面や主人公の心情の変化などは追っていけているようだが、要約にそれを文章として表現することができない。(主語、述語、目的語、助詞、代名詞や指示語の置き換えなどが欠落したり、適切に組み込めなかったり)。

 

今は耐えながらある程度の量を継続してこなしていく事で結果がでるまで待つしかない。しかし、親としては不安やあせりもありつらいな。

それと一番危惧しているのが、要約作成が過度に負担になり息子が嫌がって敬遠することになることだ。もうすでにその兆しが出ている。

息子のやる気を維持させながら、やっつけ仕事にならないように並走していくことが重要だな。

でもそれが一番むずかしい。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ