渋活

渋幕中への合格を目指す早稲アカでの活動記録

YT2回目はより厳しい結果に

結果の速報をwebで確認した。

1回目よりも点数は落ちた。

個別の失点原因について振り返りを実施したが、今回は前回とは違い全教科とも

「国語力の弱さ」

に起因する失点が目立つ。

国語のてこ入れを課題として捕らえ現在対策中であるが、他の教科にも悪い影響が生まれてしまっている。それは

「問題を読みきれない」

というもの。

 

算数 ・・・ 1行問題を3問落としたが、うち2問は問題の読み誤り。たくみくんとさとしくんの点数をもとめる問題でさとしくんの点数を求められているのになぜかたくみくんを答える。。。など」

社会・・・「2文字で答える」を無視して回答、他。

国語・・・「すべて選べ」、他

 

パニックになるくらいの衝撃を受けた結果だった。

どのように挽回させていくのか。息子にあった学習方法とはなにかを改めて考えさせられるものだった。

谷を下っている途中なのか、それとも底を打った状態なのか全くわからない。底を打った感が親としてないのでまだ下っていくような気がしてならない。

すべては「国語」の底上げだ。

ちょうどよく個別面談の案内が塾から来ているのでこのままズルズル行かせないためのアドバイスをもらおうと思っている。

 苦悩はつづく。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ
にほんブログ村