渋活

渋幕中への合格を目指す早稲アカでの活動記録

ホワイトボードの活用

今まで、壁掛けのホワイトボードを使い続けてきたが、

「小さい」「書きにくい」

だけでなく、息子に覚えた内容を説明してもらい、2人で訂正や加筆をいれるとぐちゃぐちゃになって学習効果が高まらず苦労していた。

 

 

そこで我が家にとって3世代目のホワイトボードを自立型の大きいものとした。

といっても、オフィスなどにあるものより一回り背が低く、横幅も120cmなので6畳の部屋にいれても予想したより圧迫感はない。

 

それに高さが一番高いところで160cm以下のため息子の身長にあっている(息子は140cm弱の身長)。

 

今日、理科の見直しをするなかで

 「なぜ昼と夜とでは山と谷の間の風の流れが変わるのか」

を息子に説明してもらったのだがホワイトボードにイラストを描いて説明するのが今までと違って楽しかったようだ。

「授業料1000円です!」

などといいながらやっている姿を見るとモチベーションUPにもなっているかなと感じた。

また今日は、演問算数で第3回の図形をやったのだが、図形をホワイトボードに描いて一緒に考えるにはホント重宝した。

 

買うまでには、

  「大きさ」、「置く場所」

にちゅうちょしてアマゾンで1回注文キャンセルを入れることもあり、その後1ヶ月考え子供の学習にはやっぱり必要と考え決断に至った。

 

これで子供のモチベーションと成績UPにつながれば1万円の買い物など安いもの。またそうなるようにしていきたい。

f:id:shibukatsu:20170216055133j:plain

がっちりフレーム 両面 ホワイトボード アルミ枠 フルトレイ付き マグネット対応 900x1200 キャスター付き 脚付き

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ
にほんブログ村