渋活

渋幕中への合格を目指す早稲アカでの活動記録

今日で4日目の夏期講習

学習の質を上げるとは、

  1     いかに本人がやった感をもって勉強ができたか。集中してやったか。

  2      効率的にできない、苦手を確実に自力で解けるようになる。

と捉えて夏休みの家庭学習を開始した。

 

いまのところ75点といった達成感か。

そのための施策として復習ノートを作り活用しているのだが、親の負担が大きく苦しんでいる。

もう少し手を抜かないと。

 

8末までの長丁場。

 

達成感に親子で浸れる終わり方をするぞ!

夏期講習初日

いよいよ今日からスタート。

 

塾の効果をどのように高めようか?!家庭学習を質と量共にどのように高めようか?!

 

意外に曲者が学校からの宿題。

 

どのようにつきあうか?!

 

一応、作戦は立てた。

 

軌道にのるかどうかを早く見極めてペースをつかませたい。

 

すでに始めているが、思った以上に家庭学習の進みが早い。良い点ではあるが、

かなり5年の始めにやったことを忘れているのも特徴だ。

 

繰り返しやらないと定着できないとはこのことだな。

 

やることテンコ盛りの夏休みだ。

組み分けテスト結果

危惧していた通りの結果ではあった。

 

今回はS4

 

一番の収穫は、息子のマインド変化。

 

前回のS1の結果の上に油断して甘えていたことを自覚しリベンジを

果たす目標もでき、再出発する準備はできた。

 

夏休みは後悔しないやり切ったという満足感をもって終わらせよう。

勉強を充実させるための息抜きも盛り込んで思い出にのこる夏にしよう!

 

一緒に頑張っていこう。

いよいよ後2日

組み分けテストまで後2日。

 

ドロドロの沼にはまってもがき苦しんでいるのがまさに当てはまる。

算数は旅人算。

理解は動物と人のカラダと光

をどこまで引き上げるかだなぁ

 

これが終われば夏休み。

 

しきり直して総復習だ。穴を埋め切りたいものだ。

 

 

あきらめない

色々と制約や阻害要因が息子の能力upにブレーキをかける。

一番の敵は、「マインド」だ。

厄介なことに、一番コントロールが効かない。だから時にはその状態に身をまかせてしまうことも生まれる。

しかし、同時に強烈な不安感も襲う。「ズルズルと歯止めがかからないかもと」

 

そんな中、同じ学校で同じ早稲アカに通う6年生、ただし名前は知らない、と意気投合して塾から一緒に帰ってくるようになった。その6年を待つためにギリギリまで自習室で勉強してくるのだと。

6年生も自習室で勉強するので一緒に帰るためにさらに勉強するのだと。

 

名前の知らない6年生。ピンチを救う息子にとってのヒーローなのかもしれない。